早漏改善は誰でもできる!簡単な5つのトレーニングで早漏を治す方法

早漏とは、SEXをはじめた直後に射精してしまうこと。

早漏だと、彼女が満足しないままSEXが終わってしまう特徴があります。

早漏子供ができない原因となり、結婚に悪影響を与える可能性もあります。

男性が射精するまでの時間ある行動に影響を受けます。

その行動を変化させることで、射精するまでの時間をコントロールできるようになります。

目次

早漏改善!簡単な5つのトレーニング

早漏改善!簡単な5つのトレーニング方法をご紹介します。

  1. SEXの回数を増やす
  2. 前戯に時間をかける
  3. SEX中に違うことを考える
  4. オナニーのスピード
  5. 骨盤底筋のエクササイズ

①SEXの回数を増やそう

これは直感とは違うように感じるかもしれません。

SEXの経験が増えるほど射精するときのコントロールが向上し、射精までの持続時間を延ばすことができます。

②前戯に時間をかけよう

前戯に時間をかけることは、パートナーを性的に満足させることと、SEX中のプレッシャーを軽減する 2つの利点があります。

プレッシャーが減ることでリラックスできるため、射精までの時間をコントロールしやすくなります。

③SEX中に違うことを考えよう

SEX中にセックスとは関係のないことを考えると、射精を遅らせるのに役立ちます。

ただし、これはやりすぎると、勃起しなくなることもありますが、SEXの時間は増えますので、役に立ちます。

④オナニーで射精するまでの時間を延ばそう

特定の方法でオナニーをすることで射精をコントロールするのに役立ちます。

あまりオナニーを速く終わらせるのではなく、ゆっくりとオナニーをすることです。

オナニーでいく前に、少なくとも5分以上続けてください。

オナニー中の射精をコントロールできるようになると、SEX中の射精コントロールが向上します。

STEP

深呼吸をする

オナニー中に深呼吸をすることで、リラックスして射精を遅らせることができます。深呼吸をすることで、交感神経の興奮が抑えられ、副交感神経が優位になるためです。

STEP

ペニスの刺激を止める

射精をコントロールするためには、ペニスの刺激を止めることが必要です。ペニスを握り締める、刺激を弱める、ペニスを押さえ込むなど、刺激をコントロールする方法を試してみてください。

STEP

射精を止めるための筋肉を使う

射精をコントロールするためには、恥骨直腸筋(PC筋)を意識的に使うことが重要です。オナニー中にPC筋を収縮させ、射精を遅らせることができます。

STEP

頻繁な射精を避ける

頻繁に射精をすると、性的興奮が高まりにくくなり、射精のコントロールが難しくなります。一週間に1〜2回程度の頻度で射精するように心がけましょう。

STEP

練習する

頻繁に射精をすると、性的興奮が高まりにくくなり、射精のコントロールが難しくなります。一週間に1〜2回程度の頻度で射精するように心がけましょう。

⑤骨盤底筋のエクササイズ

骨盤底の筋肉を強化することで早漏が改善します。

ケーゲル体操のエクササイズから得らえる効果は次のものがあります。

  1. 男性のスタミナ射精の強さ向上
  2. セックス中のペニスの硬さを改善
  3. セックス中に男性を長持ちさせる

ケーゲル体操は、勃起時の陰茎を支える筋肉を強化し、射精のコントロールを改善するために有効です。

男性のケーゲル体操の方法です。

STEP

膣の筋肉を特定する

PC筋を収縮させ、3〜5秒間保持してから、ゆっくりと筋肉を緩めます。この運動を10回程度繰り返します。

STEP

ケーゲル運動を行う

PC筋を収縮させ、3〜5秒間保持してから、ゆっくりと筋肉を緩めます。この運動を10回程度繰り返します。

STEP

頻度を調整する

最初は、1日に3セットを行うことをお勧めします。1セットにつき10回程度行います。徐々に回数を増やして、1日に3セットから、1日に10セットほど行うようにします。

STEP

継続する

ケーゲル体操は、一時的なエクササイズではなく、習慣化することが重要です。定期的に継続し、強化していくことで、効果が期待できます。

まとめ

早漏を改善する5つのトレーニング方法をご紹介しました。

一人で出来るものもありますし、パートナーの協力が必要なものもあります。

早漏SEX経験が増えれば自然に治ることがほとんどです。

早漏を改善するにはSEXの回数を増やすことです。

SEXの相手がいない場合は、出会い系サイトマッチングアプリセフレを探すといいトレーニングになります。

【悪用厳禁】素人娘と無料でパコパコできる5つの法則とは?

記事が役に立ったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
コメントを閉じる

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次